未知の可能性

乳酸菌生産物質をしれば知るほど、そのすごさには驚かされます。

でも、まだまだこれからいろいろないい点を発見されると思うと

ドキドキしますよね。

キットかなりすごい発見がまっているような気がします。

優れた物質には数々の未知のすごい物が備わっている可能性があるからです。

それを発見したときの科学者や研究者の顔はすごいんでしょうね。

がんを治したり、あらゆる病原菌をやっつけたりなど、かんがえられないようなことをしてくれるのでしょう。

ペニシリンのような発見がこれからも出てくると思いますが、その可能性を秘めているのはもしかしたらこの乳酸菌生産物質かもしれませんね。

今からいろいろな乳酸飲料などをせっせと取っておくほうがいいかもです。

将来すごく値段が上がって手に入れられなくなる商品になったらイヤです物。

松茸のような価格がするんだったら、本当に目も当てられないというか、

そんなことになるぐらいなら、今のうちにできる限り摂取して

乳酸菌生産物質を体の中で生産するぐらいの形でやってやろうと思っています。

もし見つからなかったら?といわれそうですが、それはそれでもいいんじゃないでしょうか.

免疫力の向上ははっきり言ってあるのですから、それを得るだけでも大きいとおもいますよ.

まあ何も無かったとしても今でも十分すごいのですから、損はナシですね。

まさか目に見えないものがこれほどすごいとは、想像もしませんもの。

世の中にはまだまだあるのでしょうね。

自分だけが強い。

もともとよく商品の表示などに書かれていますが、

これを摂取することにより著しく健康になるということはない.

とこういうことに注意しましょう・・・みたいなことが書かれてありますよね.

それと、同じて乳酸菌生産物質を幾ら取ったとしても

それですこぶる健康になったとか、体調が良くなったということは感じられないかもしれませんし、

逆にそれに期待を持ってもいけないと思います.

ただ、この乳酸菌生産物質をきちんと定期的に実施することによって、

免疫力が向上するといいましたが、

これは、やっぱり可能性というか現実的にあると思います.
免疫力が低下すると、やはり周りには風邪をひいたり時には大病になったりすることがあると思うのですが、

これらをきちんと摂取することによって、

周りが幾らその状況になったとしても、自分だけが元気でいられるということがあります.

それを思った時になぜなのかと考えると、

この乳酸菌生産物質の関係が影響しているのではないかということが感じられるのです.

つまり普段の生活では何も思わなくても、こういった特別な状況になった時に初めて感謝するようになると思います.

その時のためというわけではないですが、毎日きちんと続けていくことでしっかりと成果が出るといえるのです。

乳酸菌生産物質だけでなく、乳酸菌をしっかりと取るということが、

のちのちには大きな影響をもつのもわかります.

周りが倒れていっても、自分は強いってすごくないですか。

 

風邪を引いていても。

免疫力の向上がいかにすごいかについては、

コマーシャルでもテレビ番組でもあまりやっていませんが、

これってすごく重要なことなんですよ.

病気にかからないからだをつくり上げるのですから。
また例えば、気になる前に免疫力の向上ができていたならば

病気になりにくいのはわかりますが、

例えば病気になった後でもこの免疫力をつけることにより、

今のかぜをすぐに治すことができます。

仮にかぜをひいていたとしても、免疫力の向上のために役に立つ乳酸菌生産物質がとり入れられると、それらをぜひ吸収して次から絶対に風邪を身体中にとりいれないぞという力はつくはずです.
本当にそういったことを意識して摂取してる人が少ないのがとても残念だなと思います.まだまだこれは未知数ですので、これから色いろわかってきますが、少なからず免疫力は素晴らしいということはいえます。

下手にジムなどに行って体を鍛えることよりも、定期的にこれらの乳酸菌生産物質を取ったほうが実はすごく健康的になるということです。

すなわち筋肉を鍛えなくてもしっかりと体を動かすこと言って自然な筋肉の付き方ができます.

.免疫力の向上には普段の日々生活を守るためにも乳酸菌をしっかりと摂取することが大切だといえます.

これは男性・女性関係なく、取り入れることができますので、積極的に乳酸菌生産物質を取り入れたいですよね。

また、子供や年寄りなども、これらを積極的に取ると本当にいいですよね。

免疫力があがる。

乳酸菌生産物質を取ることで一番大きなことは、腸内フローラを整えると思いがちですが、

そうではなく、免疫力向上ではないでしょうか.

私たちは日頃の生活を普通に送っていても、

急に体調が悪くなったり、

頭が痛くなったりすることがあります.

何か特別なことしてそうなるのだったらわからなくもないのですが、

何も変わらずに急に次の日になってしんどくなるというのは、

免疫力の低下があげられると思います.
普段からきちんと乳酸菌生産物質を取ってさえいれば、

免疫力の低下はそれほど感じられないはずです.

むしろ免疫力向上のためにも、しっかりと積極的に取ることが大切だと

体が調子悪くなった時に特に感じるものです.
乳酸菌生産物質の場合は、普通の薬とは違って、

体に摂取しやすいはずですので、

毎日の習慣として必ず摂取したいですよね.

特段むずかしいわけでもありませんし、

野菜を沢山食べなければいけないというような義務的な量もありません。

普段取っている乳酸菌、つまりヨーグルトや乳酸飲料などでも十分なのですから、そういったものを積極的に取りなおかつ継続的に続けたいものです.

そうしているうちにどんどんと免疫力の向上につながり、何年も風邪を引くことを知らなかったり、

病院に行くことがないなど、いい結果をもたらしてくれるはずです.

インフルエンザがはやってている時期でも自分だけが元気で頑張って勉強や仕事に打ち込んでるってすごいことだと思います.

主流になる日も近い

最近では何と乳酸菌そのものを摂取するというよりも、乳酸菌生産物質をそのまま摂取しようという商品まで販売されているのですから驚きです。

乳酸菌生産物質をそのまま直接摂取すれば、善玉菌の働きをさらに活発化させるわけですから摂取しないわけにはいきません。

例えばその乳酸菌生産物質の具体例としては、「KS菌は」があります。

この菌は、乳酸源や黒糖そして、塩という天然または自然のものを醗酵したりします。

醗酵だけでなく倍養し、その結果熟成させてつくられた商品のなのです。

生きているものではありませんが、 胃酸や胆汁の影響を受けずに腸まで到達します。

それで、腸内環境のバランスを整えるのです。

もちろんその効果についてはどの乳酸菌生産物質でも同じこと言えるかもしれませんが、それがしっかりと効果として現れるのか、または効果があってもそれほどの特徴的なものではないといった具合に、強弱の効果の具合で現れるのかについてはまだまだこれからも調べていく余地はあるかもしれません。

しかし 乳酸菌生産物質というのは、乳酸菌を摂取する以上に大切であるということ。

乳酸菌が元気でなければ乳酸菌生産物質性も生成されないわけですから、いかに大切かということがわかります。

これからは乳酸菌を摂取ししていくというよりも乳酸菌生産物質を得ることにより、乳酸菌をもっともっと元気よく育てるといったイメージですし、

そうしていくのが多くなってくるのではないでしょうか。

それが主流になる時代も近いと思います。

整えるべきものは乳酸菌

乳酸菌は腸内フローラーを介して腸内環境を整えることに従事します。

一方で、乳酸菌生産物質はそういった腸内環境を整えるのに伴い、従事しません。

これはその代わりに体に直接働きかけることができますので、そっくりそのまま腸内環境をととのえることができる点が乳酸菌と決定的に違うところではないでしょうか。

つまり乳酸菌の場合はたくさんの乳酸菌を大量に毎日取ることが、私たちには日課ということですが、一方で、乳酸菌生産物質は乳酸菌そのものから出される物質ですので、乳酸菌がないと全く機能しないといってもいいでしょう。

しかし一方で、乳酸菌を豊富に摂取している腸内環境であれば、それだけ乳酸菌生産物質が作られる可能性が高いわけで、そうなると健康にとても役立つということがわかってきます。

あくまで菌ではありませんので、それは腸内環境が作り出す物質です。ということは生きているしんでいるっていうこと関係ないということがわかりますよね。

それは酸やアルカリなど体などで非常に実は影響があるわけですが、そういったところにも目をむけることがわかります。

それだけでなく酸性でもアルカリ性までも強いとのこと。

本当に私の体にとってはこの物質は大切だということがお分かりいただけるはずです。乳酸菌生産物質をしっかりと吸収するためにも乳酸菌を豊富に摂取することから心がけましょう。

朝忙しくて食事を取らないというのではなく、ヨーグルトや乳酸飲料をしっかりと取ることで腸内環境を整えてくれるということを覚えておきましょう。

 

乳酸菌のようなものとは違う

乳酸菌生産物質」は乳酸菌そのものとは違うのです。これはこの前にも説明しました。

乳酸菌とは違い生きた菌ではありません。もちろん物質なのですから。

つまり、いちばん影響のある「胃酸」や「胆汁」の影響を受けないのです。

ですので、腸まで届きますよね?

それが吸収され体にとって様々な良い働きをすることがわかっています。例としては、免疫細胞という細胞の働きを活性化するなどです。

生きていないからこそ、乳酸菌生産物質は私にとっては大切なものなのです。

つまり乳酸菌が生み出したものだからこそ、その乳酸菌を大切にし、その乳酸菌が生産した物質を私たちがしっかりともありがたくいただくということを意識しなければいけないのです。

それは例えるならばミツバチが集めてきた栄養素。

つまりハチミツと同じ考えだと思えばいいのです。

乳酸菌にとっても、とても大切な物質をそれが体の中でいかに大切かということはこの乳酸菌生産物質を紐解いていけばよくわかってくるのです。

だからこそ私たちはその物質の恩恵を被り、体の健康を維持できてるんだということを再確認しなければいけないのです。

新たに食べ物を食べて排泄すればそれで終わりではありません。

貴重な食べ物を吸収し、それを体の中でしっかりと栄養と排泄物とに分解し、なおかつその乳酸菌自身から排出される生産物質こそが私の生命の源のエネルギーだということも知らなければいけないのです。

調べてみると、本当に乳酸菌のすごさが分かりますよ。

乳酸菌の数だけある

乳酸菌、その中でもとりわけ善玉菌と呼ばれているものから生成される物質が所謂乳酸菌生産物質ということになるのです。

これについては前回からずっと説明していることなので、ここではその乳酸菌生産物質のことについてもう少し詳しく述べたいと思います。

乳酸菌自身は私たちが生まれる以前からこの世に存在しているわけで、それこそ種類で言ったら数え切れないほどの乳酸菌が存在するわけです。

これを例えるならば人間でいうなら個性豊かな者が1000人も2000人を集まっていると思っていただけるわかりやすいと思います。

ということは皆が皆、同じようなタイプばかりかといえばそうではなく、1000人いれば違う考え方もありますし、それが個性として現れてきますよね。

それと同じように乳酸菌も同じことが言えるのです。

乳酸菌がたくさんいるということはそれだけ乳酸菌生産物質の種類も変わってくるわけです。

もちろん腸内環境という厳しい環境を生き抜くためには、強くて長生きができ、そして元気な乳酸菌がいる必要があるわけです。

そこから生み出される乳酸菌生産物質こそが、私たちの体の中でとても大切な役割を果たしてくれるということは言うまでもありません。

体を健康で維持するためには、やはり乳酸菌の力が必要で、とりわけ乳酸菌生産物質が私たちの命を育む源になっていると言っても過言ではないのです。

みえないものだからこそしっかりと見てみることが大切ですよね。

悪循環につながると言う事。

体の中に乳酸菌をわざわざ取り入れなくても、生まれ持って存在する乳酸菌をうまく使うことによって、いやむしろその乳酸菌をしっかりと活用することが体にとっては一番に大切切であることがわかるはずである。

なぜならばよそ者をせっせと摂取するよりも、もともと体の中に存在する乳酸菌の方がおのれの体をしっかりとしっているわけで、そういった乳酸菌にしっかりと力を与えることはとても大切ということは、誰の目にも明らかである。

そしてその乳酸菌が一生懸命に仕事した証であるのが、乳酸菌生産物質ということもわかるはずである。

彼らにとって必要な栄養素やエネルギーというのは、食物から摂取しているわけではなく、実はこの乳酸菌から出ている乳酸菌生産物質ということまでは知られていない。

だからこそこの乳酸菌生産物質をせっせと生み出すためには、乳酸菌、特に善玉菌を一生懸命育てていかなければならない。

そのいきた善玉菌をしっかりと活用させるために、せっせと乳酸菌を口の中から運んでいくわけである。

それらは確かに焼け石に水かもしれないが、今からだの中にいる乳酸菌の応援のためにもしっかりとフォローしていくことが大切だ。

そもそもなぜフォローしていかなければならないのかというと人間は歳とともに善玉菌が減っていくことに由来する。

だからこそ、次々と出していかなければ善玉菌の存在がへると同時に、乳酸菌生産物質も減っていき、体にとって悪影響を及ぼすという悪循環になってくるのだ。

乳酸菌の素晴らしさよ。

前回の話の続きであるが、乳酸菌生産物質を出すことが、いったなにが役に立つのかという点についてゆっくりと具体的に見ていきたいと思う。

まず体の中に乳酸菌を取り入れる。

これが1番大事だということはヨーグルトを取ったり、乳酸飲料とったりしている皆さんから考えてみるのは当然ですよね。

しかし、それがなぜ必要なのかといった時、腸内環境を整えるとか、体のバランスを整えるためだといったふうな形で、理解している人の方が多いはず。

しかし、もう少し踏み込んで言えば、それがなぜ体にいいのか。それで健康維持できるのかという点についてまではよくわかっていないはずだ。

乳酸菌=体に良いといった具合のイメージしかないはずである。

実は体の中ではもともと善玉菌が存在しているが、その数は天文学的数字と言われるくらい素晴らしい数が存在するのである。

そこに仮に食べ物などから、乳酸菌を一生懸命摂取したとて、全く焼け石に水だというぐらいの量である。

取らないよりかマシかもしれないがとったところでそれほど戦力になるわけではないということは数から見てもよくわかるはずである。

毎日取り続けないと意味がないというのもこの点でよくわかるはずだ。

そして、その焼け石に水の量である乳酸菌を撮り続けることがなぜ大事なのかということについては、次にまた説明していこうと思う。

乳酸菌の素晴らしさがよくわかってくる、それを知ったとき実に感動すら感じられるのだ。