副作用について

乳酸菌生産物質をつくりだすのはすごいなあという

話を何度かしたと思います。

何でもそうですが、つくりだすということはなにか影響があるということですよね?変な話、食べ物があるということは排泄物も出てくるということですよね。

小さな世界の話ですから、微々たるものだといえますが、O157とかいろいろな人間にとってがいがあったりするものはミクロの世界ですからあなどれません。

そこで、副作用など乳酸菌生産物質についての害について調べてみました。

でも、かんがえてみればもともと人間が生まれた時からいる乳酸菌。それが生み出すものに害があれば人間としては意味がないですもの。

ここでの問題は人工的につくられた乳酸菌生産物質です。

しかし、食品として作られているため、害はないとのことでした。

まあ、もちろん害があります、とは言いませんよね。

しかし、この物質を人工的に作り出す原料が食べ物からなので、大丈夫かなと思います。ただ、アレルギーの人はだめですね。この点はチェックがいるようです。

 

取り入れる理由

善玉菌グループが生まれたときからいてる、それらが乳酸菌生産物質を作り上げていく。

それは素晴らしいと拍手・・・となって終わりではないんですよね。

大切なのはなぜこれが問題視されるかということ。

つまり、この物質を意図的に体の中に取り入れていかなければいけないということです。

なぜならば、人は歳を重ねていくにつ入れて、このグループの善玉菌たちが減ってくるのです。

働いている人たちの数が減るということは勿論生産数が減ります。となると意図的に取り入れていく必要があるのです。

新入社員たちに活躍してもらいたい。

そのためにもこの物質をどんどんと供給していかないといけません。

だからサプリメントでも何でもこれをせっせと腸に運んでいかないといけないのです。

体を鍛えても腸の中まで気を使っている人はいるでしょうか。

なかないないと思いますよ。綺麗になりたい、綺麗でいたい、そしてアンチエイジングケア

をしたいと思うなら、この物質を積極的にとりいれないとね。

作り上げていく物質。

生産という言葉を聴くと、とても固く感じますね。

ともに生むという意味で、しかも物質を生み出すのですから、生き物ではない?ということかな。名前を付けてあげてもいいのにね。

乳酸菌って本当におりこうさんだな。

綿日はかなわないです。

小さいのに、危険な世界で頑張っているのですから。

腸内フローラ?言葉は綺麗のよね。

でも、そこはある意味戦場であり、戦場跡でも有ります。

そこにせっせと食料なり武器なりを運び込むのはすごいなあと。

私たちが生活する中で絶対にいる物質なんですよね。

生まれたときから腸にいる細菌さん、その中の善玉菌がどんどんと作っているのがこれですから。ミツバチが花粉を集めて、違う物質である蜂蜜を作るみたいなものですかね。

これも違うかもしれませんが、このイメージだとお考えください。

あんなに甘い物質を作るハチ、すごいなあ。

いやいや感心している場合ではありません。

乳酸菌はそんな感じで作っているんですよ。

もっと詳しくみていかないとね。

ミクロなのに世界は大きい。

あれやこれやと生産が増えていく.

なんかこれは特にどこかで見たことあるなと思ったのですが、かってなイメージですが、

それはなにかといいますと

ド○えもんがね.22世紀の工場でどんどんと作られている.

ような感じのシーンを見たことがありました.
乳酸菌生産物質も私こんなイメージがあったんです。
どんどんと工場みたいなところで作られてゆく・・・

そんな感じだったんですよ.
乳酸菌自体がこの生産物をどんどん作っていくのも

なんかそういうことなんですよね。
ミクロの世界でありながらもすごいなと思います.
私たちの知らないところで、

すごいことを作っているのですから、
ちょっと考えられないですよね
あ、だから最近倍金がカラダの中に入った時とか

でも最悪の場合は命を落とす危険性があるということなんでしょうね.

小さいからといってなめてかかると偉い目に遭ってしまうという・・・

これもよくわかります
乳酸菌生産物質のことを考えると、

本当に実にミクロの世界でも

私以上に大きな存在だということに驚かされます.

これからももっと調べると、いろんなことがわかってくるんでしょうね.

生み出す力。

田んぼに出来る稲のように。

畑に植えた芋のように。

トマトができたり、

きゅうりができたりなど。

それぞれあ苗を植えたら野菜ができます.

また家畜の場合でも育てれば、子供ができたりなど増えていくことが

考えられますが、増えるということは本当にすごいなと思いませんか。
乳酸菌も新たに自分たちが分裂して増えるならまだしも
乳酸菌生産物質を考えてみてくださいよ.
全く違うものを生み出すんですよ.
田んぼに稲を植えたとしましょう.
どこからトマトができたらどうですか?

全く違うものでしょ?
そういった感覚でできてくるというのは
すごすぎませんか。

そしてまたできた物がすべて
人間の体の中で役に立つとなれば。
さらに感動ですものね.
腸内環境を整えるって意味でもすごいなと思います.
腸内フローラんも影響を与えて、

これらg存在するというのもすごいなと思います.

そして、
お腹の中で活動する乳酸菌たちが、

元気よく動き回るためにも

この生産物質がとても大事な働きをしているというのであれば、

尚更すごいなと思いませんか.
私はこの物質を知った時、

感動してしまいましたと同時に、

もっといろんなことを知りたいなと思いました.

未知の可能性

乳酸菌生産物質をしれば知るほど、そのすごさには驚かされます。

でも、まだまだこれからいろいろないい点を発見されると思うと

ドキドキしますよね。

キットかなりすごい発見がまっているような気がします。

優れた物質には数々の未知のすごい物が備わっている可能性があるからです。

それを発見したときの科学者や研究者の顔はすごいんでしょうね。

がんを治したり、あらゆる病原菌をやっつけたりなど、かんがえられないようなことをしてくれるのでしょう。

ペニシリンのような発見がこれからも出てくると思いますが、その可能性を秘めているのはもしかしたらこの乳酸菌生産物質かもしれませんね。

今からいろいろな乳酸飲料などをせっせと取っておくほうがいいかもです。

将来すごく値段が上がって手に入れられなくなる商品になったらイヤです物。

松茸のような価格がするんだったら、本当に目も当てられないというか、

そんなことになるぐらいなら、今のうちにできる限り摂取して

乳酸菌生産物質を体の中で生産するぐらいの形でやってやろうと思っています。

もし見つからなかったら?といわれそうですが、それはそれでもいいんじゃないでしょうか.

免疫力の向上ははっきり言ってあるのですから、それを得るだけでも大きいとおもいますよ.

まあ何も無かったとしても今でも十分すごいのですから、損はナシですね。

まさか目に見えないものがこれほどすごいとは、想像もしませんもの。

世の中にはまだまだあるのでしょうね。

自分だけが強い。

もともとよく商品の表示などに書かれていますが、

これを摂取することにより著しく健康になるということはない.

とこういうことに注意しましょう・・・みたいなことが書かれてありますよね.

それと、同じて乳酸菌生産物質を幾ら取ったとしても

それですこぶる健康になったとか、体調が良くなったということは感じられないかもしれませんし、

逆にそれに期待を持ってもいけないと思います.

ただ、この乳酸菌生産物質をきちんと定期的に実施することによって、

免疫力が向上するといいましたが、

これは、やっぱり可能性というか現実的にあると思います.
免疫力が低下すると、やはり周りには風邪をひいたり時には大病になったりすることがあると思うのですが、

これらをきちんと摂取することによって、

周りが幾らその状況になったとしても、自分だけが元気でいられるということがあります.

それを思った時になぜなのかと考えると、

この乳酸菌生産物質の関係が影響しているのではないかということが感じられるのです.

つまり普段の生活では何も思わなくても、こういった特別な状況になった時に初めて感謝するようになると思います.

その時のためというわけではないですが、毎日きちんと続けていくことでしっかりと成果が出るといえるのです。

乳酸菌生産物質だけでなく、乳酸菌をしっかりと取るということが、

のちのちには大きな影響をもつのもわかります.

周りが倒れていっても、自分は強いってすごくないですか。

 

風邪を引いていても。

免疫力の向上がいかにすごいかについては、

コマーシャルでもテレビ番組でもあまりやっていませんが、

これってすごく重要なことなんですよ.

病気にかからないからだをつくり上げるのですから。
また例えば、気になる前に免疫力の向上ができていたならば

病気になりにくいのはわかりますが、

例えば病気になった後でもこの免疫力をつけることにより、

今のかぜをすぐに治すことができます。

仮にかぜをひいていたとしても、免疫力の向上のために役に立つ乳酸菌生産物質がとり入れられると、それらをぜひ吸収して次から絶対に風邪を身体中にとりいれないぞという力はつくはずです.
本当にそういったことを意識して摂取してる人が少ないのがとても残念だなと思います.まだまだこれは未知数ですので、これから色いろわかってきますが、少なからず免疫力は素晴らしいということはいえます。

下手にジムなどに行って体を鍛えることよりも、定期的にこれらの乳酸菌生産物質を取ったほうが実はすごく健康的になるということです。

すなわち筋肉を鍛えなくてもしっかりと体を動かすこと言って自然な筋肉の付き方ができます.

.免疫力の向上には普段の日々生活を守るためにも乳酸菌をしっかりと摂取することが大切だといえます.

これは男性・女性関係なく、取り入れることができますので、積極的に乳酸菌生産物質を取り入れたいですよね。

また、子供や年寄りなども、これらを積極的に取ると本当にいいですよね。

免疫力があがる。

乳酸菌生産物質を取ることで一番大きなことは、腸内フローラを整えると思いがちですが、

そうではなく、免疫力向上ではないでしょうか.

私たちは日頃の生活を普通に送っていても、

急に体調が悪くなったり、

頭が痛くなったりすることがあります.

何か特別なことしてそうなるのだったらわからなくもないのですが、

何も変わらずに急に次の日になってしんどくなるというのは、

免疫力の低下があげられると思います.
普段からきちんと乳酸菌生産物質を取ってさえいれば、

免疫力の低下はそれほど感じられないはずです.

むしろ免疫力向上のためにも、しっかりと積極的に取ることが大切だと

体が調子悪くなった時に特に感じるものです.
乳酸菌生産物質の場合は、普通の薬とは違って、

体に摂取しやすいはずですので、

毎日の習慣として必ず摂取したいですよね.

特段むずかしいわけでもありませんし、

野菜を沢山食べなければいけないというような義務的な量もありません。

普段取っている乳酸菌、つまりヨーグルトや乳酸飲料などでも十分なのですから、そういったものを積極的に取りなおかつ継続的に続けたいものです.

そうしているうちにどんどんと免疫力の向上につながり、何年も風邪を引くことを知らなかったり、

病院に行くことがないなど、いい結果をもたらしてくれるはずです.

インフルエンザがはやってている時期でも自分だけが元気で頑張って勉強や仕事に打ち込んでるってすごいことだと思います.

主流になる日も近い

最近では何と乳酸菌そのものを摂取するというよりも、乳酸菌生産物質をそのまま摂取しようという商品まで販売されているのですから驚きです。

乳酸菌生産物質をそのまま直接摂取すれば、善玉菌の働きをさらに活発化させるわけですから摂取しないわけにはいきません。

例えばその乳酸菌生産物質の具体例としては、「KS菌は」があります。

この菌は、乳酸源や黒糖そして、塩という天然または自然のものを醗酵したりします。

醗酵だけでなく倍養し、その結果熟成させてつくられた商品のなのです。

生きているものではありませんが、 胃酸や胆汁の影響を受けずに腸まで到達します。

それで、腸内環境のバランスを整えるのです。

もちろんその効果についてはどの乳酸菌生産物質でも同じこと言えるかもしれませんが、それがしっかりと効果として現れるのか、または効果があってもそれほどの特徴的なものではないといった具合に、強弱の効果の具合で現れるのかについてはまだまだこれからも調べていく余地はあるかもしれません。

しかし 乳酸菌生産物質というのは、乳酸菌を摂取する以上に大切であるということ。

乳酸菌が元気でなければ乳酸菌生産物質性も生成されないわけですから、いかに大切かということがわかります。

これからは乳酸菌を摂取ししていくというよりも乳酸菌生産物質を得ることにより、乳酸菌をもっともっと元気よく育てるといったイメージですし、

そうしていくのが多くなってくるのではないでしょうか。

それが主流になる時代も近いと思います。